皇潤の成分

皇潤の成分について

皇潤はヒアルロン酸で有名ですが、皇潤の成分のうち原材料は次のとおりです。

 

ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物、デキストリン、セルロース、乳酸カルシウム、
プロポリスエキス、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB1、ビタミンB6、キトオリゴ糖(エビ、カニ由来)、ビタミンE、セラック、ピロリン酸第2鉄、ビタミンB12

 

特にあやしいものは入っていませんが、デキストリンというものが何か分からなかったので調べてみると、加工食品にはよく使用されているもので、食物繊維として
サプリメントや健康食品などに良く使われるものだそうです。

 

また、聞きなれないセラックとは、医薬品(錠剤)や食品などのコーティング剤としても使用されている安全性の高い天然素材だということです。

 

ピロリン酸第2鉄は、鉄の強化の目的で用いられる栄養強化剤のことです。
調整粉乳やベビーフードなどに用いられていて、食品添加物としての使用量では、安全性に問題は無いとのことです。

 

こうしてひとつひとつ成分を見ていくと、副作用を起こすような成分は皇潤には
入っていないですね。

 

イメージだけでなく、しっかり調べてみることで、皇潤の安全性も見えてくるかと
思います。

 

⇒ 「よいしょ」と感じたら、飲むヒアルロン酸 皇潤